なぜ妊活に効果的なのか

サプリメントを飲むことで得られる効果

緑黄色野菜には豊富な栄養素が含まれています。それらを効率的に摂取するためには、毎日多くの野菜を食べなければいけません。葉酸サプリには葉酸以外の栄養素も含まれているため、食事で補えない成分を摂取するために役立ちます。葉酸には赤ちゃんが障害を持って生まれるリスクを軽減させる効果が期待されているため、厚生労働省も妊婦に対して摂取を促しているのです。

妊活を効率的に行なうことが出来る

代謝が悪い状態では体が温まらず、妊娠しにくい体質になってしまいます。妊娠することを希望しているのであれば、体調を改善させることから始めると良いでしょう。葉酸サプリの中には代謝を向上させる効果を持つものがあり、それを飲むことによって妊娠しやすい体が手に入ります。もちろん妊娠中の女性にも最適で、赤ちゃんを健康的に成長させるために飲むことも悪くありません。

妊婦

飲むタイミングを知っておくと安心

お腹の中で着実に成長していく赤ちゃんのためにも、母体となる女性がしっかりと体調管理を行なう必要があります。へその緒を通じて栄養素を分け与えることになるため、食事によって栄養素を摂取しなければいけません。妊娠してから12週までに赤ちゃんの神経管が形成されますが、その間に葉酸サプリを摂取することで、脳や神経に障害を持って生まれてくるリスクが軽減されます。

葉酸サプリの購入に関するQ&A

葉酸サプリってあまり見かけないような……。どこで購入すれば良いですか?

ドラッグストアやコンビニなど、身近な場所でも葉酸サプリは取り扱われています。より多くのサプリメントを比較したいのであれば、通販サイトを利用すると良いでしょう。人気があるサプリメントの詳細を確認することが出来るため、自分に合う商品を見つけることが出来ます。価格帯も商品によって様々なので、値段に注目してみることも悪くありません。

市販のサプリに抵抗があります。安全な葉酸サプリを手に入れる方法はありますか?

葉酸サプリは産婦人科などでも処方してもらうことが可能です。ただし医師と相談した上で摂取することを決めると良いでしょう。アレルギー体質であればアレルゲンの有無も確認しなければいけません。病院であれば安全なサプリメントを提供してくれます。市販のサプリメントを購入する場合も、まずは専門の医師と相談してみることが大切だと言えるでしょう。

栄養不足を解消してくれる

葉酸サプリは妊娠を希望している女性、または妊娠中の女性を限定して摂取が勧められているものではありません。産後の肥立ちが悪い原因として挙げられるのは「栄養不足」だと言えます。造血作用も期待出来る葉酸サプリは体調管理に最適なのです。では、ここでタイミングによってどれくらいを摂取目安にすればいいのかを見てみましょう。

タイミング別・葉酸サプリの摂取目安

妊娠前(妊活中)

妊娠する前の段階では、葉酸サプリの摂取目安は400マイクログラムでいいでしょう。特に妊活中の時は、子宮内膜を強化してお腹の中で赤ちゃんを育てやすい環境を作らなくてはあなりません。そのため、妊娠している初期と同じくらい葉酸を摂取する必要があります。

妊娠11週目まで

葉酸サプリの摂取目安は400マイクログラム。11週目までのお腹では、赤ちゃんの大事な器官(神経管細胞の分裂)が行われており、栄養管理が大事な時期です。この時期に栄養失調状態に陥ってしまうと、流産リスクや自閉症の子供が生まれてしまうリスクが高まるので注意が必要です。

妊娠27週目まで

葉酸サプリの摂取目安は400マイクログラム。27週目までは安定期に入る人のもいますが、ここでも油断ができない状態です。特に子宮内指示発育遅延等のリスクはこの時期でもありますし、体質が変わり妊婦の貧血が起こりやすいのタイミングでもあるので栄養管理を徹底しましょう。

妊娠43週目まで

この時期の、葉酸サプリの摂取目安は240マイクログラム。この頃になるとだいぶお腹も大きくなり、出産前のラストスパートです。栄養管理もだいぶ慣れて来る時期にさしかかり、お腹の赤ちゃんも十分育っているため葉酸の摂取目安も減少されます。ただし、免疫機能や消化器機能を低下させないようにしておくことが大切です。

出産後(授乳期)

出産が済んだ後の葉酸サプリの摂取目安は、100マイクログラム。この時点では赤ちゃんは外にいるので、自分の栄養管理を徹底して体調を戻すことが大切です。また、母乳で育てる時には良質な母乳にすることを一番に考える必要があるので、栄養管理が引き続き必要でしょう。葉酸を摂取することにより、造血効果で母乳の出がよくなるため積極的に葉酸サプリを摂取するのがおすすめです。